NEW
碓井広義「ひとことでは言えない」

何が綾野剛を“励ました”のか!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DODA 公式サイト」より
 放送批評懇談会が主催する「ギャラクシー賞」。毎年4月1日から翌年3月31日を審査対象期間として、テレビ、ラジオ、CM、報道活動の四部門に分けて選出されている。6月2日に、第52回ギャラクシー賞の贈賞式が行われ、各部門の大賞、優秀賞などが発表された。

 筆者は、同賞のCM部門の選奨委員を務めている。毎月、CM委員会が開催され、委員たちが注目するCMを挙げ、全員で意見交換を行う。これを1年間続け、最終的に「今年の1本」を決めていくのだ。膨大なCMの中から受賞作を選ぶことは、大変で面白く、また難しくて楽しい作業だ。

 今年もまた、時代や社会の実相を映し出しながら、コマーシャルとしての役割もしっかり果たした秀作にスポットが当たった。

大賞


【東海テレビ 公共キャンペーン・スポット「震災から3年~伝えつづける~」】

 東日本大震災を伝え続けているのは、地元局だけではない。被災地のメディアではないからこそ、何を、どう伝えるかということに悩みつつ、決して手を止めていない。

 2011年3月11日に起きた東日本大震災。時間の経過と共に、被災地以外に住む人たちの関心や記憶が薄れてきている。その一方で、「忘れてはいけない」という思いから、今も被災者への取材を続ける記者たちがいる。もちろん、それ自体はジャーナリズムの使命として、当たり前に見えるかもしれない。

 しかし、実は記者たちも被災者に対する微妙な取材に、迷ったり悩んだりしている。そんな葛藤する姿を伝えることで、地に足のついた、リアルな公共キャンペーンとなったのが同作だ。「記者は、忘れかけていた。取材される側の気持ちを」というコピーは、視聴者の気持ちも揺り動かした。

優秀賞


【インテリジェンス DODA「チャップリン×綾野剛篇」「キング牧師×綾野剛篇」】

「チャップリン篇」で使われている演説は、映画『独裁者』の終盤にある、約3分半のワンカットだ。ファシズムの国の独裁者と間違われた理容師(チャップリン)が、兵士たちに向かって呼びかける。「君たちは機械ではない。家畜でもない。人間なんだ!」と。

 同CMには、現在の仕事と将来に迷いを抱えた青年(綾野剛)が登場する。鏡に映る自分を見つめた時、チャップリンの声が彼を励ます。「君たちには力がある。人生を自由で美しく、素晴らしい冒険に変える力が!」

「キング牧師」篇も、「友よ。今こそ、夢を見よう」で始まるメッセージが強烈なインパクトで迫ってくる。姿こそ見えないが、肉声の背後にある彼らの思想と行動、つまり生き方が想起されるからだ。