NEW

後藤健二氏追悼アルバム『by your side』が伝える、生前のアート活動と愛すべき人柄

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150623-kouzu-02th_.jpg

2010年に開催された個展の際の後藤健二氏

【リアルサウンドより】

 国際ジャーナリストの後藤健二氏がISIL(イスラム国)に拘束され、2015年1月にその命を失った。事件の衝撃は今も生々しく、生前のジャーナリズム活動についてさまざまな形で語り継がれようとしている。一方、後藤氏がアートユニット・the chordのメンバーとして、音楽の要素も取り入れた表現活動を展開していたことは、現時点では知る人ぞ知る事実かもしれない。

 今回、the chord名義で『by your side』と題された1枚の音楽アルバムが6月24日にリリースされる。同作には、後藤氏との親交も深く、the chordのギャラリーパフォーマンスを続けてきたボーカリストのshizukaを迎え、「AVE MARIA」「A Daily Prayer」「Standing On The Promises」という、敬虔なクリスチャンだった後藤氏に縁のある3曲を収録している。

 後藤氏とアーティスト・こうづなかば氏によるthe chordは、「アートとジャーナリズムの融合」を掲げて2009年末に結成。2010年からは計15,000人を動員した巡回展[eyes]を東京・長崎・高松にて開催し、その後、ニューヨークやマイアミなどで開かれたアートフェアに参加するなど、精力的に活動していた。

続きはこちら