NEW

安倍首相の面前で翁長知事が"対案厨”に反撃!「辺野古が嫌なら代案出せ」の身勝手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

onagachiji_150623.jpg
23日に行われた追悼式でスピーチする翁長知事(YouTube「ANNnewsCH」より)


 本日6月23日、沖縄戦から70年目の「慰霊の日」を迎えた沖縄県。平和祈念公園では戦没者追悼式が行われたが、そのスピーチで翁長雄志・沖縄県知事は平和を希求する思いとともに、列席者である安倍晋三首相に“沖縄の声”をこのように叩きつけた。

「そもそも、私たち県民の思いとはまったく別に、強制接収された世界一危険といわれる普天間飛行場の固定化は許されず、『その危険性除去のため辺野古に移設する』『嫌なら沖縄が代替案を出しなさい』との考えは、到底県民には許容できるものではありません」

 翁長知事が述べたように、これまで沖縄は基地の県外移設を訴えてきたが、日本政府はそれに対して「ならば代案を出せ」と迫ってきた。事実、菅義偉官房長官は翁長知事との会談後、BSフジの番組で翁長知事が普天間の「危険除去」について“具体案を示さなかった”と発言している。