NEW

厳しい取締りでさらに危ないドラッグが…半グレも逃げ出す危険ドラッグ業界の末期症状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

kikendrugs_150624.jpg
『危険ドラッグ 半グレの闇稼業』(溝口敦/角川書店)

 2014年9月中旬からの約1カ月の間に、危険ドラッグのひとつである「ハートショット」の使用により15人が死亡した。この前後から警察による大々的な危険ドラッグ撲滅キャンペーンが始まったが、それでも乱用者は後を絶たない。一説によると危険ドラッグ市場は1200億円市場と目されており、目下、半グレのシノギのひとつとなっているとも言われる。

『危険ドラッグ 半グレの闇稼業』(溝口敦/角川書店)は、ここ数年、危険ドラッグの危険性が叫ばれ、実際に痛ましい事件が起こりながらも、供給を続けている側に取材を行い、そのシノギの構造を解明している。

 危険ドラッグとは覚せい剤や大麻など法律で規制された薬物と似た化学物質を含むドラッグであり、乾燥した植物片に薬剤をまぶしてあるもの、粉末状、液状、錠剤、など色々な形がある。過去には脱法ハーブと呼ばれていた時期もあった。実際のところ植物片にまぶしているのは化学物質であり、ハーブというイメージからは程遠いケミカルドラッグだ。ある化学物質が規制されればそれに似た化学物質をまぶした新種の危険ドラッグが出回る、というサイクルを繰り返しており、イタチごっこが続いている。