NEW
鈴木貴博「経済を読む“目玉”」

あの超有名スキーリゾート、夏が楽しすぎる!格安で客殺到の謎 卓越した二毛作ビジネス

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そのため、偶然というより必然なのだろうが、冬にスキーをコーチしている人たちは、夏はマウンテンバイクのコーチとして商売をしている。彼らに話を聞くと、「地球温暖化のおかげで、年々スキーシーズンが短くなっているが、昔と違って夏の間もずっとウィスラーでコーチの仕事ができるようになった」と喜んでいる。

 そして、ウィスラー全村でみれば、かつては冬場だけ毎日5万人の観光客を集め、夏場はそれよりずっと少ない観光客が集まる場所だったところが、現在では通年で同じくらいの数の観光客でにぎわうリゾート地へと発展している。

 つまり、マウンテンバイクを導入したことで、一般的な冬のリゾート地よりワンランク上の集客力を身につけ、二毛作という大きなビジネスチャンスが生まれたことになるわけだ。

 とはいえ、これと同じことを日本で始めようとしたら、スポーツとしての競技人口の少なさが、ビジネスとしてはボトルネックになるだろう。逆にいえば、スキー人口の減少に悩むリゾート地がマウンテンバイクで村おこしをしようとしたら、ほかのスキー場に先駆けて大々的に始めることで、先行者利益(ファースト・ムーバーズ・アドバンテージ)を狙いにいく必要があるということだ。

 最後に、ブラックな話をひとつ紹介しておこう。二毛作のおかげで、冬より夏のほうがはるかににぎわうようになった場所がウィスラーのビレッジにある。それは、麓にあるメディカルセンターで、スキー客よりはるかに多いマウンテンバイクの客がけがで運び込まれているそうだ。
(文=鈴木貴博/百年コンサルティング代表取締役)

●鈴木貴博(すずき・たかひろ)
事業戦略コンサルタント。百年コンサルティング代表取締役。1986年、ボストンコンサルティンググループ入社。持ち前の分析力と洞察力を武器に、企業間の複雑な競争原理を解明する専門家として13年にわたり活躍。伝説のコンサルタントと呼ばれる。ネットイヤーグループ(東証マザーズ上場)の起業に参画後、03年に独立し、百年コンサルティングを創業。以来、最も創造的でかつ「がつん!」とインパクトのある事業戦略作りができるアドバイザーとして大企業からの注文が途絶えたことがない。主な著書に『NARUTOはなぜ中忍になれないのか』『「ワンピース世代」の反乱、「ガンダム世代」の憂鬱』(ともに朝日新聞出版)、『戦略思考トレーニング』(日本経済新聞出版社)、『カーライル 世界最大級プライベート・エクイティ投資会社の日本戦略』(ダイヤモンド社)などがある。

あの超有名スキーリゾート、夏が楽しすぎる!格安で客殺到の謎 卓越した二毛作ビジネスのページです。ビジネスジャーナルは、連載、スキービジネスマウンテンバイクの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!