NEW

病院着前に20%以上が死亡! 芸能人やミュージシャンが次々に発症する大動脈解離とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

BONCHAN.jpg
大木凡人さんも今年1月に大動脈解離を発症(オフィシャルブログより)

 ロックバンド「ムーンライダーズ」のメンバーで音楽家の武川雅寛さん(64)が、6月18日、体調不良を訴え急性大動脈解離の緊急手術を受けたことが、同バンドのオフィシャルFacebookで発表された。関係者によると「現在も集中治療室で、ご家族、医療者の皆さまに見守られ、闘病中です」とのこと。

 同じく6月12日には、80年代に一世を風靡したバンド「C-C-B」の渡辺英樹さん(55)も、大動脈解離で緊急入院したと報道されている。さらには、タレントの大木凡人さん(69)も今年1月に同病を発症していたことが明らかに。幸いなことに、それぞれ一命をとりとめたが、2013年12月30日に急逝したミュージシャンの大瀧詠一さん(享年65)は、解離性大動脈瘤と呼ばれる同様の病に襲われ帰らぬ人となった......。

 最近、立て続けに芸能ニュースで耳にする大動脈解離。これは心臓から全身に血液を運ぶ大動脈の内壁に亀裂(解離)が入り、内膜と外膜に分離される病気だ。大木さんは、心臓のすぐ左にある大動脈が約60センチも破れていたという。