NEW

安倍政権にNOの声が続々!宮崎駿、鶴瓶、美輪明宏、アジカン後藤、制服向上委員会…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

anpo_150715.jpg
反対の声には耳を傾ける気のない安倍首相(YouTube「ANNnewsCH」より)


 今日、衆院特別委で強行採決された安保法案だが、ここ数年、安倍政権が目指す“戦争のできる国”に反対の声を上げる芸能人・著名人が増えてきたことをご存知だろうか。

 作家、役者、映画人、タレント、アーティスト、歌手、そしてアイドル……。芸能、エンタテインメントを生業とする彼らにとって、政治的発言は、並大抵の覚悟ではできない。政権の意を忖度したメディアから自粛を要請されるだけでなく、商業主義に走るスポンサーや、心のないファンが離れることも懸念される。ましてや、少しでも政権に批判的なことを言っただけで、ネット右翼たちから攻撃を受け、炎上させられてしまう昨今だ。

 だがそれでも、戦争を憎み平和を愛すこと、戦後日本が戦争で直接的に人を殺さなかったことを誇りに思う気持ち、そして、この70年の歴史を脅かそうとする安倍政権に対する怒りを、彼らは発信し続けている。