NEW
武田鏡村「本当はそうだったのか 歴史の真実」

なぜ織田信長はわずか4千の兵で、3万の今川義元を破ったのか?桶狭間の合戦の謎

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

織田信長(「Wikipedia」より/Gryffindor)
 3万の兵力と4000の兵力が戦ったら、どちらが勝つか。これは考えるまでもないことである。今川義元織田信長が戦った桶狭間の合戦は、その兵力差から当然ながら今川軍の勝ちということになる。

 だが結果は、信長の圧倒的な勝利である。そこで考えられたのは、劣勢の信長が勝ったのは、敵の不意を衝くために「迂回」して「奇襲」したのだ、と。信長は兵を、今川軍の前線を秘匿させながら大きく迂回して、いきなり今川義元の本陣を奇襲した――。

 この説を公然と唱え始めたのが、明治期の陸軍参謀本部である。劣勢をひっくり返すには、敵から身を隠し密かに行軍して、今川義元の本陣を衝く。これ以外には考えられない、と明治の軍人たちは真剣に考えたのである。

 この考え方は軍人たちに定着していき、やがて大国アメリカの軍事力を叩くには奇襲しかない、として立案され実行したのが真珠湾攻撃である。この奇襲は、結果としてアメリカ国民の戦意を高揚させ、日本がズルズルと敗退する原因になった。

勝機は、その一点集中

 では、桶狭間の合戦は、本当はどうであったのか。それは信長の側近で右筆(ゆうひつ/秘書)の太田牛一(ぎゅういち)が書いた『信長(しんちょう)公記』に記述されている。

 義元の出陣を知った信長は、清洲城を飛び出すと一直線で熱田神宮から自軍の砦(とりで)となる丹下砦、善照寺砦を経て中嶋砦に到達した。今川軍は信長方の砦を攻めるために、各地に分散している。もちろん前方にも軍勢が展開しているため、信長が兵を前進させようとすると、重臣たちはその無謀をたしなめた。

 そのとき密偵の梁田政綱から、義元が桶狭間山の後方の窪地で休息中という報告がもたらされた。中嶋砦からわずか2キロメートルの場所である。信長はすかさず手勢の2000をまとめると、海抜65メートルの桶狭間山を目指すよう指示した。そこに達するには今川軍の前線を突破しなければならない。しかも、そこは湿地で足場が悪いので「死地(しち)」をいわれている場所である。そのため重臣たちは、いたずらに死ぬだけだと必死になって押しとどめようとした。

 だが信長は「死地だからこそ、敵は油断している。真っ直ぐに一気に桶狭間山に登れば、勝機がある」といって聞かない。わずか2キロメートル先に敵の大将がいる。小兵力が大兵力に勝つには、大将の首一点に、その全勢力を向ける。勝機は、その一点集中しかない。これは小兵力が勝つ軍事学の要点である。さらに信長は、将兵を鼓舞する。

「わが眼前の敵は、朝からの砦攻めで疲れきっている。わが方は少数ながら十分な力がある。小軍なりとも決して大軍を恐れるな。運は天にあり。この戦(いくさ)に勝てば武士の面目が立ち、末代までの名誉となるぞ。ただただ励め」

 これに加えて、敵への攻め方も指示する。