NEW

電波少女が語る、ネットラップの強み「表に出るのが苦手でも、ヒップホップで表現できる」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150630-denpath_.jpg

左、ラップ担当のハシシ。右、ダンス・DJ担当のnicecream

【リアルサウンドより】

 ネットラップシーンで注目を集めている2人組のヒップホップユニット・電波少女(でんぱがーる)が、2ndアルバムにして初の全国流通盤となる『WHO』を7月8日にリリースする。同アルバムは、収録曲のほとんどがフィーチャリング楽曲となり、NIHA-C、抹 a.k.a ナンブヒトシ、NOBY、TWOFACEなど、ネットラップシーンで活躍するアーティストが多数参加。幅広いジャンルのサウンドで、同シーンの“いま”を切り取った作品であると同時に、電波少女のラップが存分に楽しめる内容となっている。ラップ担当のハシシと、ダンス・DJ担当のnicecreamは、同アルバムをどんなコンセプトのもとに制作したのか。また、ネットラップシーンは現在の日本語ラップシーンとどう異なり、どんなメリットを持っているのか。結成のきっかけから、ネットラップならではの魅力についてまで、幅広く語ってもらった。

・「ネットラップには音楽以外のしがらみがほとんどない」

ーー今回のアルバムは電波少女にとって初の全国流通盤となるわけですが、この作品をリリースするまでには紆余曲折があったと思います。まずは結成の経緯を教えてください。

ハシシ:地元の宮崎でもともとヒップホップクルーを組んでいて、そこにはnicecreamもいたんですけど、けっこう体育会系のノリで先輩後輩の上下関係とかが煩わしかったんですよ。それで「20歳を過ぎてそういうのに縛られるのはイヤだな」と感じて、まずは僕がひとりでネットラップシーンに行ったんです。2008〜2009年頃、らっぷびとなどが活躍していた時期でした。そこで、そのコミュニティの中で知り合った友人たち6名と、週に一回、ネットラップのかっこいい曲を紹介したりする2時間くらいのラジオ番組をやろうということになって。メンバーには当時、中学生3年生の女の子がいて、その子がいわゆる“電波”な感じの変わった子だったので、グループ名は僕が「電波少女」と名付けました。でも、いろんなルールをガチガチに決めすぎたからか、3〜4回やったところで頓挫してしまって。だけど僕は大々的に告知もしてしまったから途中で辞めるのが恥ずかしくて、そのまま電波少女として活動し続けることにしたんです。その後、だんだんと認知があがってきたところで上京しました。当初はもう一人のメンバーと一緒にライブをしたりもしていたのですが、バックDJが欲しいということになり、先に上京していたnicecreamに声をかけて、最終的にはいまの2人体制に落ち着きました。

続きはこちら