NEW

w-inds.が語る、J-POPの新標準 「“失敗する”というイメージがまったく沸かなかった」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150706-winds1.jpg

【リアルサウンドより】

 『週刊文春』(文藝春秋)にて好評連載中の近田春夫氏による連載「考えるヒット」において、「音楽家として信用していいのだと、改めて納得した次第である」と氏を唸らせた楽曲は、w-inds.34枚目のシングル「FANTASY」だった。橘慶太・千葉涼平・緒方龍一のトリオで華々しくデビューを飾り、今年で活動15年目を迎えた彼らは、いつから“信頼出来る”音楽家へと成長したのか――。

 世間一般が抱くw-inds.へのイメージは<3人組のアイドル・グループ>かもしれないし、<レコード会社がお膳立てしてくれたポップスを歌わされてるアイドル・グループ>しれない。しかし、デビュー10周年を迎える前後だろうか、「僕らも大人になり、制作スタッフも入れ替わったタイミングで、しっかりと楽曲のクリエイティブ・コントロールを握れるようになった」と、ボーカルの橘慶太は以前のインタビューで語っている。「10年かけてようやくか」とあざ笑う人間がいたとしても、今のw-inds.の3人にとってみれば、どこ吹く風だ。

 2012年にリリースした9作目のアルバム『MOVE LIKE THIS』では、ポップスというフィールドでいち早くEDMを前面に押し出した作品を作り上げ、前作『Timeless』(2014年)ではタイトルの如く、普遍的で色褪せない楽曲の制作に挑んだ。そして“高貴な血筋”を意味する新作『Blue Blood』でw-inds.が目指したものとは、一体なんだったのか。

続きはこちら