NEW

BiS解散から1年、元メンバーたちの「今」は? 宗像明将が徹底追跡レポート

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 2014年7月8日に横浜アリーナで開催された『BiSなりの武道館』でBiSが解散してから丸一年が経った(参考:BiS解散ライブを徹底レポート あえて「立つ鳥跡を濁す」結末に)。

 BiSとは、実はマネージャーの渡辺淳之介と、サウンド・プロデューサーの松隈ケンタの物語だったのではないかと考えることがある。かつて、ある会社のスタジオで出会った若い2人は、渡辺淳之介のつばさレコーズ(後のBiSの所属事務所)入社を機に、本格的にタッグを組んで音源を世に送り出していくことになる。2人のコンビの長さは、薄い本がコミケで売られても不思議ではないレベルだ。

 渡辺淳之介と松隈ケンタは、そのフロントを、ソロ時代のプー・ルイ、BiS、プラニメ、そしてBiSHと変えてきただけなのではないか、とも考える。そして、それはこの1年で確信に変わった。ただそれだけのことだ。

 しかし、歴代の主演女優たちのことも忘れてはいけない。BiSの解散後、最後に残った6人のメンバーがどんな活動をこの1年間にしてきたかをまとめていきたい。話の流れ上、BiSHについても言及する。

続きはこちら