NEW

丸本莉子が語るメジャーデビューにかける思い 「自分が楽しまないと、しっかり届かない」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
150708_m_1.jpg

【リアルサウンドより】

 シンガーソングライターの丸本莉子が、ビクターエンタテインメントが設立した新レーベル「AndRec」より1st配信シングル『ココロ予報』でデビューした。6月10日にはハイレゾ音源での配信デビューを飾り、7月8日から通常配信がスタートしている。同レーベルのレーベル長・今井一成氏にインタビューを行い、掲載したコラム「ビクター・デジタル部門の新レーベル「AndRec」は何を目指すのか? レーベル長・今井一成氏に聞く」ではレーベルの意義やスタンスについて訊いたが、今回は丸本莉子本人にインタビュー。一聴しただけで強い印象を残す特徴のある歌声をもつ彼女が歌い始めたきっかけや、日本各地を回り音楽活動を行ってきたインディーズ時代、プロとして今作の「ココロ予報」と向き合うことで明確になった自身のアーティスト像など、じっくりと話を聴いた。

・「あの時、自分が納得するものができあがっていなかったら、私は今ここにいない」

――丸本さんはビクターエンタテインメントの新レーベル「AndRec」の第一弾アーティストとしてデビューを飾りました。1stシングル「ココロ予報」は、インディーズ時代から歌い続けてきた楽曲で、7月8日の一般配信に先駆け、6月10日よりハイレゾでの配信が始まっていますね。

丸本莉子(以下、丸本):本当にうれしいです。私は高校2年生から音楽活動をしていて、卒業後は音楽を続けながら、就職して介護の仕事をしていたんです。そんななかで、メジャーデビューは無理だろうな…と諦めかけていて。でも、いろんな方に「人生一度きりだから、東京でチャレンジしたほうがいい」と勧めていただいて、4年前に上京しました。当時はデビューなんて遠い夢でしたが、その夢がついに叶ったという気持ちです。「特徴のある声だから」と、ハイレゾという高音質で、また新しいレーベルの第一弾アーティストとしてデビューできたこともすごくうれしかったですね。やっとスタートラインに立てた、頑張ろう!という決意を新たにしています。

続きはこちら