NEW

『デスノート』だけじゃない!! 原作改悪で批判を浴びたドラマたち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

0709deathnote_main.jpg
※イメージ画像:日本テレビ『デスノート』公式サイト

 人気のあるドラマや映画のリメイクが度々行われている。そんなリメイク作品の中で、今話題となっている作品が、7月5日に日テレ系列で放送が始まったドラマ『デスノート』だ。

 これは2003年から2006年にかけて「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載された大場つぐみと小畑健による少年漫画が原作となっており、2006年には映画が2本、2008年にスピンオフ作品の映画が1本、実写化され公開されている。こちらの3本の映画には、主人公である夜神月(やがみ・らいと)を演じた藤原竜也、主人公のライバルであり、スピンオフ作品の主人公でもある“L”を演じた松山ケンイチ両名の演技が高く評価され、名作と呼ばれている。しかし、今回その映画のリメイク版ともいえるドラマに関しては、かなりの問題作と評されているようだ。

続きは【トカナ】で読む