NEW

上坂すみれ、小島慶子、黒柳徹子…安保法制論議の中で彼女達が語った「平和」のための提案とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

sekaiwoheiwanisuru_150712.jpg
『世界を平和にするためのささやかな提案』(河出書房新社)

 十分な説明や議論もなされないまま、拙速に国会運営が進み、いよいよ厳しさを増してきた安保法制。そんななか、芸能人や文化人、学者、ジャーナリスト等、さまざまなジャンルの人たちが「平和」について語った本が出版された。『世界を平和にするためのささやかな提案』(河出書房新社)だ。

 じつはこの本には、普段、こういうテーマで発言をすることがあまりない、意外な芸能人も参加していた。

 たとえば、そのひとりが『艦隊これくしょん―艦これ―』や『中二病でも恋がしたい!』などへの出演で知られる、声優の上坂すみれ。彼女は、他の国を、世界を、もっと身近なものに感じることが平和のための手段だと語る。