NEW

「花は都合のいい女」細田守が作り上げた童貞文化系男子の欲望的ヒロインに、リアル乙女から非難轟々!?『おおかみこどもの雨と雪』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【「月刊サイゾー」立ち読みサイト「サイゾーpremium」より】

――サブカルを中心に社会問題までを幅広く分析するライター・稲田豊史が、映画、小説、マンガ、アニメなどフィクションをテキストに、超絶難解な乙女心を分析。

ookamikodomo1507s.jpg
『おおかみこどもの雨と雪』

 今回は、2人の子どもを持つ母親が、田舎でその子を育てる……という細田守監督による・アニメ『おおかみこどもの雨と雪』をピックアップ! ※本文中にはネタバレがあります。

「ポスト・ジブリブランド確立の立役者」「ポスト宮崎駿を名乗るべき国民的アニメ作家」との呼び声も高い細田守監督の最新作『バケモノの子』が、7月11日に公開された。今回は、同監督のひとつ前の作品『おおかみこどもの雨と雪』(2012年公開)について考えてみたい。40億円以上の興行収入を記録した大ヒット作である。

 ファミリー向けアニメにしてはなかなか斬新なストーリーだ。19歳の女子大生・花(はな)は「おおかみおとこ」と出会い、雪(ゆき)という女の子と、雨(あめ)という男の子を出産する。しかし夫である「おおかみおとこ」は花たちを残して死亡。残された花は、ときおり狼に変身してしまう二人の育児に奮闘しつつ、やがて街での生活に限界を感じて田舎の古民家に引っ越す――。

 このプロットだけを読むと、完全に母子家庭の育児奮闘記だ。が、本作はオクテな文化系男子にとっての「心の栄養剤」の側面も持ちあわせている。その効能を一手に担っているのが、ヒロインの花だ。

 花の「文化系男子ホイホイ」ぶりは凄まじい。服装は超地味、化粧っ気がなく、小柄で痩せぎすのつるぺた。地方出身の、素朴で真面目な女子大生といった趣だ。内気な童貞野郎……もとい文化系男子が大キライな“ギャル”“イベントサークル”“女子会”といった属性とは一切無縁。無難、人畜無害、品行方正で、眩しいほどに清く正しい。

 その花の声をあてているのが宮﨑あおいなのは、実にクリティカルだ。宮﨑は文化系男子界隈のミューズとして蒼井優と肩を並べる10年選手。日本を代表するナチュラル系少女の権化、と呼んで差し支えない。

 宮﨑がCMキャラクターを務めるファッションブランド「アースミュージック&エコロジー(以下、アース)」は、そんな宮﨑のナチュラル系少女イメージを強固に裏打ちしている。

 同ブランドの特徴は、自然体なガーリーテイスト。……といえば聞こえはいいが、要はオタク・サブカル寄りの文化系男子が大好物のマイルドな少女趣味が全開のブランド。隠し味程度のオーガニックテイストや、どの服にも共通するほんのり土を混ぜたような色合い(これは完全に筆者の主観)は、「内気なチェリーボーイが精神的に攻めこまれない安心感」に満ちている。愛されたいオーラを全面に出したゆるふわ系の女子臭いあざとさや、露出度高めなパリピ系ファッションに帯びるフェロモンの圧迫感は皆無なのだ。

「サイゾーpremium」で続きを読む