NEW

鈴木蘭々の隠れた才能、黒木メイサはいきなり迷走? 意外なアノ女優たちのCDデビュー歴を暴く!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【「月刊サイゾー」立ち読みサイト「サイゾーpremium」より】

――第一弾に続き、「女優・グラドルのうれしはずかしCDレビュー」第2弾は、女優編パート2をお届け。歌手活動は隠れた才能の発揮の場所となったのか、はたまた歌わずに女優業に専念だけしておいたほうがよかったのか……。早速、パート2、いってみましょう。

1原田知世ロマンスs.jpg

■原田知世
「ロマンス」(1997年)
歌唱力:☆☆☆
黒歴史度:☆

 原田知世の歌手活動と言えば、80年代に発表した「時をかける少女」や「早春物語」のイメージがあまりに強すぎるが、歌い手としての才覚を見せたのは、スウェーデンの音楽プロデューサーであるトーレ・ヨハンソンを招いた本作であることに異論を唱える者はいないだろう。「Dancing Queen」のメガヒットで知られるアバを筆頭に、ロクセットやエイス・オブ・ベイスなど、“スウェディッシュ・ポップ”と呼ばれるメロディアスで親しみやすい楽曲は日本でも固定のファンを獲得。「ロマンス」がリリースされる前年には、メイヤ「How Crazy Are You?」やカーディガンズ「Carnival」などが外資系CDショップでバカ売れ、果てには国内のCMにも使用されるなど、時代の潮流も味方にした。原田の透き通る歌声、流麗なメロディ、さわやかすぎるサウンドの三位一体は、言うことなしの名作。

2中谷美紀食物連鎖(Mind Circus)s.jpg

■中谷美紀
「Mind Circus」(1996年)
歌唱力:☆☆☆
黒歴史度:0

 桜っ子クラブさくら組の一員として活動し、同じくメンバーの東恵子とアイドル・デュオ「KEY WEST CLUB」として91年に歌手デビューするものの、鳴かず飛ばずで終了(楽曲制作は大黒摩季やZARDで名を上げていたビーイングが手掛けていたため、完全ビーイング臭満載の曲調)。93年、ビーイングの名残で「あなたがわからない」でソロデビューを果たすも、今聴くと「あなたが(誰か)わからない」と言われてしまいそうなほど、中谷美紀感ゼロの楽曲でヒットせず(むしろ貴重な部類か)。その後、女優として開花した中谷は、坂本龍一完全プロデュースで96年に再度、歌の舞台へ。本作はその教授プロデュース第一弾として発売され、雰囲気だけで曲を成立させるふんわり系でもなく、声を張り上げるディーヴァ系でもなく、その間を巧みに縫うかのような脱力系ボーカルが重宝され、ヒットを記録。その後、「砂の果実」や「天国より野蛮」、「クロニック・ラヴ」などのヒット曲にも恵まれ、女優業と歌手業を見事に両立させていた数少ない人物として知られている。97年に発表したリミックス・アルバム『Vague』には、DJ KRUSHやBuffalo Daughterらが参加。

「サイゾーpremium」で続きを読む