NEW

ドラマ『死の臓器』武田鉄矢演じる医師のモデルとなった人物の臓器売買疑惑と日本の臓器移植の問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

 7月12日からWOWOWで始まった小泉孝太郎主演の医療サスペンス『死の臓器』が注目されている。原作は麻野涼の同名の小説で、日曜に5回連続で放映される。テーマとされているのが、臓器売買や移植医療とそれをめぐる医療界の闇だが、実は武田鉄矢扮する医師日野誠一郎にはモデルとなった実在の医師がいる。
 
 臓器売買疑惑~修復腎移植という一連の騒動が実際に起きたのが2006年~2007年にかけて。この騒動で時の人となったのが宇和島徳洲会病院の万波誠医師だった。片田舎の民間総合病院で起きた臓器売買疑惑では、病院と医師の関与は否定されたが、担がん臓器を修復して移植に使用するという医療をめぐり、マスコミ、学会からバッシングの嵐が巻き起こった。