NEW

神経損傷による歩行困難、生殖機能の低下…スキニージーンズの身体への悪影響とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

sukini.jpg
ファッションのために健康を害するのはナンセンスshutterstock.com

 皮膚のようにぴったりとフィットして、脚長&スマートに見せることから、ここ数年、流行の「スキニージーンズ」。つい最近も、英国王室のキャサリン妃がスキニーをスレンダーに履きこなした写真が話題になり、再び人気に火が付いた。

 ところが最近、そのスキニージーンズで大変なトラブルに見舞われてしまった事例が、ある医師によって報告されて話題となった。細身のジーンズを着用して長時間しゃがんでいると、「筋肉や神経に損傷が生ずる可能性がある」というのだ。

長時間しゃがみつづけて歩行困難に

 

 論文は、オーストラリアのロイヤル・アデレード病院の神経学部門准教授、Thomas Edmund Kimber氏らによるもの。英医学誌「神経学・神経外科学・精神医学ジャーナル」の電子版に掲載された。アデレードに住む35歳の女性の症例を取り上げている。

 この女性は、前日に細身のスキニージーンズを履いて親戚の引越しを手伝ったとき、食器棚を空にするために何時間もしゃがんで作業を続けた。そして、時間がたつにつれて不快感が増していったという。夜になって足の感覚が麻痺し、歩くことが困難に。転倒して動けなくなり、発見されるまで数時間も倒れたままだったという。