NEW

最大年商8億円、ぼったくりの帝王が語る「歌舞伎町ぼったくり秘話」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

0716kageno_02.jpg
1980年。20歳の影野氏。アルバイト先のぼったくりチェーンの姉妹店前にて(撮影=渡辺克己)

 歌舞伎町でぼったくり被害が相次いでいたが、警察の対策係や弁護士による相談窓口が設置され、被害は減少しつつあるようだ。東京都は2000年に『ぼったくり防止条例』を制定し、明確な料金表示の義務化や、乱暴な言動や暴力による料金不当取立の禁止を定めた。さらに、北海道、宮城、大阪など大きな繁華街を持つ都市で、同様の条例が定められている。

 条例制定以前には、どのようなハードなぼったくりが横行していたのか――かつて歌舞伎町で一大ぼったくりチェーンを経営していた、最大年商約8億円「ぼったくりの帝王」こと作家の影野臣直氏に直撃。ぼったくりで起きた事例5選を聞いた。

続きは【トカナ】で読む