NEW

森元首相、新国立の白紙「たった2500億円」発言に批判殺到「思い上がり」「辞任すべき」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アベノミクスなどといわれているが、現実には賃金も上がらず、消費増税や物価上昇で生活が苦しいと思っている国民が多いということを、わかっていない。組織委員長を辞任すべきだ」(30代男性)

「そもそも競技場の建設に巨額費用をかけるなど、まったく理解できないし、馬鹿げている。多くの人が同じ考えではないか。そのような国民の感覚を理解できていないという鈍感さは、元首相としても組織委員長としてもまずいと思う」(40代女性)

 氏といえば、過去にも首相現職時代を含めその失言が批判を浴びることも多かったが、その理由について全国紙記者は語る。

「意外に思われるかもしれませんが、森氏を直接知る人の間で、彼のことを悪く言う人はあまりいません。悪い人ではないのですが、公の場でも思ったことをすぐ口に出してしまうクセがあり、パーティーなど大勢の前でスピーチするような時も、つい“サービス精神”が勝って問題発言をしてしまうのです。ちなみに麻生太郎・現財務大臣にも同じ傾向があります。今回の失言も、つい本音が出てしまったのでしょう。ただ、森氏は安倍首相の後見役を自認しているので、白紙撤回が決まったからには全力でその方針に協力していくでしょう」

 今後も紆余曲折が予想される新国立競技場問題。東京五輪開催までに残された時間が少ない中、無事完成が迎えられるよう、森氏にはその“豪腕”を発揮してほしいものだ。
(文=編集部)

森元首相、新国立の白紙「たった2500億円」発言に批判殺到「思い上がり」「辞任すべき」のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、新国立競技場東京五輪森喜朗の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!