NEW

【乳児5遺体遺棄事件】元防衛大臣・森本敏氏、オカルト発言の謎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

51WXATENCCL.jpg
画像は、『森本敏の眼―日本の防衛と安全保障政策』(グラフ社)

 21日放送の「ミヤネ屋」(日本テレビ系)で拓殖大学教授の森本敏氏が、愛媛県で発覚した乳児5人を遺棄した事件について、司会の宮根誠司にコメントを求められると、

「ただ、私は不思議に思うのは…。通常、こういう場合、おそらく本人は、すごく『霊』に苦しめられると思うんですよね…」
「亡くなった子どもたちの御霊(みたま)に(苦しめられて)」
「普通は夜、寝れないとか、色んな『霊』に悩まされて。それがよく耐えられるなあっていう。それを不思議に思いますよね」

 ……と、“通常5人も乳児を遺棄していたら、霊に苦しめられているはず”と発言したことがニュースとして取り上げられ、インターネットでも「放送して大丈夫か?」など、発言を不安視する声があがった。森本氏とえいば、元防衛大臣で防衛問題のスペシャリストとして、安保法制論議でも度々見かける人物。著名な論客がオカルト的な発言をするのは珍しいことだが、森本氏に何か“目覚める”きっかけなどあったのだろうか? 軍事関係に詳しいジャーナリストに聞いた。

続きは【トカナ】で読む