NEW

時差ボケを防ぐ機内食 夕食から朝食までの時間をコントロールして体内時計をリセット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

kinaisyoku.jpg
時差ボケを防ぐために機内食を食べる?食べない?shutterstock.com

 7〜8月は出国者数が最も多い時期だ。夏休みに海外旅行を計画している人も少なくないだろう。

 とはいうものの、「時差ボケを考えると憂鬱になる」という人もいるのでは? せっかく海外に来たのに、ひたすら眠気で頭がぼーっとしたり、逆にベッドに入ってもいつまでも寝付けなかったり、さらには、頭痛やめまい、食欲不振をきたしたり......。時差ボケは旅行中だけでなく、帰国後も悩まされるから厄介だ。

 時差ボケには個人差があるが、4時間以上の時差があると、上記のような症状をきたしやすいといわれている。そして、時差は大きいのに移動時間は短い、つまり時差の調整をするための時間が足りないと、さらに症状はひどくなる。

 ちなみに、日本人に人気のハワイは、時差ボケになりやすい典型的なスポットだ。時差はマイナス19時間もあるのに、飛行機で約8時間しかかからない。「時差ボケを治すには時差1時間あたり1日」という説もあり、マイナス19時間の時差があるハワイの場合、20日近くもかかることになる。

 そこで知っておきたいのが、時差ボケが起こる仕組みや解消のコツだ。