NEW

Blur「KKBOX」香港ライブ中継が示した配信サービスの次なる一手 音楽評論家・小野島大が考察

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150728-blur1.JPG

Blurライブの模様

【リアルサウンドより】

 イギリスのロックバンド・Blurが7月22日に香港公演「blur Live in Hong Kong 2015」を行い、アジア最大の定額制ストリーミング音楽配信サービス・KKBOXがその様子を、日本を含むアジア6カ国で同時中継した。

 同ライブは、Blurが香港にインスパイアされ、現地で制作した最新アルバム『The Magic Whip』を提げて行われたもので、彼らがアジア圏でライブを生中継をするのは初めてのことだ。ライブ当日まではオリジナルの映像トレーラーが公開され、音楽ファンの注目を集めていた。台風の影響により開始時間が予定の21時(日本時間)から30分ほど遅れるトラブルもあったが、ライブではアルバム収録の新曲はもちろん、「Parklife」や「Song 2」といった名曲の数々も披露され、会場へ足を運んだファン約8000人とユニーク視聴者約15万人がその演奏をリアルタイムで楽しんだ。ライブ写真はリアルタイムで各国のソーシャルメディアに続々と投稿され、その盛り上がりが伺えたほか、ライブ終了直後にはすぐにセットリストがプレイリスト化されてKKBOXに公開されるなど、ストリーミング音楽配信サービスならではの工夫も見られた。

 LINE MUSICやApple Music、AWAといった定額制ストリーミング音楽配信サービスの提供が日本国内でも続々と開始し、その動向に注目が集まる中で行われた今回の試みを、識者はどう捉えているのか。電子書籍『音楽配信はどこへ向かう?』(impress QuickBooks)の著者である音楽評論家の小野島大氏に話を聞いた。

続きはこちら