NEW

寝屋川中1殺害事件では差別も…見捨てられた福島原発「除染作業員」の悲惨な実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

jyosen_150828_top.jpg
被ばく労働を考えるネットワーク・編『除染労働』(三一書房)


 寝屋川市中1殺害事件で、平田奈津美さん(13)の遺体を遺棄した疑いで逮捕された男(45)が、事件前後、福島第一原発事故の除染作業に従事していたことが波紋を広げている。

 報道によれば、男は、昨年11月から福島県で住み込みの除染作業員として働いていた。契約社員だった。7月初頭に一度退職したが、同月24日には福島県内の別の現場で除染にあたったという。8月11日、お盆休みで地元大阪へ帰省。高槻市の駐車場で平田さんの遺体が発見されたのは13日の深夜だ。男は、少なくとも17日までには福島県内に戻り、除染の仕事をしたと見られている。