NEW

『24時間テレビ』はゴリ押しの声も! Hey!Say!JUMPは嵐になれるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

HeySayJUMP_150823.jpg
果たしてHey!Say!JUMPの運命やいかに?


 先ほど無事放送を終えた『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)。きのう、メインパーソナリティを務めたV6のゴリ押しっぷりについて紹介したが、今回V6とともに初のメインパーソナリティを務めていたHey!Say!JUMPのゴリ押しっぷりも相当らしい。

 2007年にデビューしたHey!Say!JUMPは、11年にデビューしたKis-My-Ft2や12年デビューのA.B.C.-Z、昨年デビューしたジャニーズWESTなどに比べて、若いうちにいち早くデビューしたグループである。しかし、今年でデビュー8年目を迎える彼らだが、キャリアの割にはあまりパッとせず、活躍の場もシングルのリリースも少ない。おまけに、嵐や関ジャニ∞、Kis-My-Ft2に比べても、バラエティや番組を回していく立場としては力不足感が否めないのだ。それなのに、今回V6とセット売りのようなかたちで『24時間テレビ』に出演することに、ジャニヲタの間でも「先輩のバーター」「ゴリ押し」という声が多く聞こえた。