NEW

TKO木下隆行を襲った顔面神経麻痺 リハビリで神経が誤った筋肉に繋がってしまうことも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

TKOKINOSHITA.jpg

昨年10月末に顔面神経麻痺を患ったお笑いコンビ・TKOの木下隆行さん(写真は公式Twitterより

 昨年10月末に顔面神経麻痺を患ったとツイッターで報告をしたお笑いコンビ・TKOの木下隆行さん。異変に気づいた木下さんが都内病院にて検査を行ったところ、顔の左側、顔面神経麻痺と診断されたが、精密検査後、比較的軽度の症状だった。担当医師の指示のもと通院治療を行い、番組スタッフとも相談をしながら仕事を続行している。半年以上経った現在、麻痺を自覚することも減り、通院もなく、定期診断のみだという。

顔面神経麻痺とは、どのような病気か?

 顔面神経麻痺の主な症状を、藤田保健衛生大学七栗サナトリウム病院長・園田茂先生は次のように語る。

 「顔面神経は、文字通り、顔の表情筋を動かす神経です。そのため、麻痺すると、顔の筋肉が思ったように動かせなくなり、顔が非対称になります。口の横の溝がなくなる、口角から水がこぼれる、まぶたが閉じられなくなる、額のしわ寄せが出来なくなるなどです」

 TKO木下さんは急性末梢神経麻痺(ベル麻痺)と報じられているが、ベル麻痺を含めて、顔面神経麻痺の原因は、大きく二つに分けられる。