NEW

父親が面接官に「給料はいくら払うんだ?」 中国超ゆとり世代“小皇帝”のびっくり就活

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
syoukoutei01.jpg
中国の就職合同説明会の模様。大卒の就職難も社会問題となっている

【日刊サイゾーより】

 1979年から国策として導入された一人っ子政策によって、人口増加に歯止めをかけてきた中国。両親や親戚の寵愛を一人で受け、過保護に大切に育てられてきた子どもたちの中には、協調性や人間性に問題を抱えている者も少なくない。彼らが、そのワガママっぷりから、「小皇帝」と呼ばれていることは有名な話だろう。

 そんな中、いま社会問題になっているのが、90后と呼ばれる1990年代以降に生まれた若者たちの就職活動だ。「重慶晩報訊」(7月19日付)では、今年、重慶市内で行われた大学生向けの就職説明会で目撃された、驚くべき小皇帝の実態についてレポートしている。

(1)両親と一緒にやってきた小皇帝/女子大生A(女性・21歳)

 就職説明会の会場では、たくさんの会社がブースごとに学生たちの面接を行っている。現地のアパレル会社の人事担当者が、Aのエントリーシートを見ながら質問をする。

「興味のある部署はありますか? 長所はなんですか?」

 すると突然、Aの父親が人事担当者に逆質問をしだしたのだ…

続きはこちらから