NEW

シキシマって誰? 映画『進撃の巨人』で“リヴァイの代わり”が大炎上! リヴァイがいないのはやっぱり腐女子対策だった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

shingeki_150805.jpg
左・進撃の巨人 作品公式サイトより/右・映画『進撃の巨人』公式サイトより


 映画『進撃の巨人ATTACK ON TITAN』が8月1日に公開されたが、興行収入は1、2日の土日2日間で『HERO』『ミニオンズ』を抑えて首位を獲得。興行収入50億円超も見込める好スタートを切った。原作である『進撃の巨人』(諫山創/講談社)は累計発行部数4200万部を突破するほどの人気作だが、公開前から特に注目されていたのが、映画のオリジナルキャラ・シキシマについてだった。実際、映画が公開されてみると、シキシマに対してはこんな声が多くあがっていた。

「シキシマキモすぎ」「好きになれない」「シキシマが壊滅的に魅力に欠けてたのは気になったかな」「シキシマ…たかが映画キャラに強い殺意を抱くなんて…」「シキシマが死ぬなら後編見てもいいかな」