NEW
山本康博「なぜあの商品はヒットしたのか/しないのか」

原宿・表参道スイーツ戦争!話題6店を訪問&完全レポート!アイス、ペイストリー…

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(6)コロンバン 原宿本店サロン(colombin)


 1966(昭和41)年から原宿にて、スイーツを展開している老舗。5年ほど前から売られている「原宿ロール」が有名。原宿本店の屋上でミツバチを増やすことで自然環境に貢献し、取れたはちみつを「原宿はちみつ」としてケーキに利用しているようだ。はちみつを使用したケーキ以外に、モンブランがとてもおいしかった。

・モンブラン

オーソドックスなモンブランだが、確かなおいしさがあり万人受けする商品。

・マンゴーモンブラン

 マンゴーの甘みが強く出ていて、マンゴー好きにはたまらない一品。マンゴーがはやっている今、食べておきたいケーキのひとつ。

・アイスモンブラン

 アイスの上にモンブランが乗せてあり、マロンペーストが絞られていた。口の中に広がるまろやかな栗の風味と、夏でもおいしく食べることができるアイスとの素晴らしい調和はここでしか食べることができない。もう一度足を運びたくなる一品。

・原宿ロール

 看板商品である原宿ロールは、素朴な味の中にしっかりとした甘みが食欲をそそる贅沢な一品である。

 以上の実地調査を踏まえて次回は、なぜ海外スイーツ店が日本進出の第一歩として原宿・表参道を選ぶのか、そしてそれがなぜ成功しているのか、「ヒットの正体」を推察してみる。
(文=山本康博/ビジネス・バリュー・クリエイションズ代表取締役)

●山本康博(やまもと・やすひろ):
ビジネス・バリュー・クリエイションズ代表取締役、ブランドマーケッター。日本コカ・コーラ、JT、伊藤園でマーケティング、新商品企画に携わり、独立後に同社を設立。これまで携わった開発商品は120アイテム(失敗経験100品以上)、テレビCMは52本。現在では新商品コンサルのほか、業界紙をはじめとしたメディアへの寄稿、企業研修、大学等での講義なども実施。たたき上げ新商品・新サービス企画立ち上げスペシャリスト。潜在ニーズ研究家。著書に『ヒットの正体』(日本実業出版社)、『現代 宣伝・広告の実務』(宣伝会議)など。

原宿・表参道スイーツ戦争!話題6店を訪問&完全レポート!アイス、ペイストリー…のページです。ビジネスジャーナルは、連載、スイーツ東京表参道の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!