NEW

高収入ほど過剰飲酒になりやすい!? 学歴の高さ、健康状態の良好さがリスクに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

alcohol.jpg

人生を狂わせる過剰飲酒になる人とは? Fotovika/PIXTA(ピクスタ)

 「酒を飲んでも飲まれるな」とはよく言ったものだが、酒の上でのトラブルは古今東西で枚挙に暇がない。一般的に、名声を得た社会的な成功者や著名人など、分別をわきまえた人は、そのようなトラブルとは縁がないと思いがちだ。だからこそ、そんな人が飲酒に関係した事件やトラブルを起こすとニュースにもなる。

 飲酒に絡んだ失敗が、その後の人生を狂わせるケースも少なくない。

 たとえば、中川昭一元財務相は2009年、先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の閉幕後、もうろうとなった状態で会見。会見前の飲酒が批判されて大臣を辞任、同年の総選挙で落選。さらに同年10月、酒と睡眠薬の悪作用で就寝中に急死した。

 中川氏は、自他ともに認める大の酒好きだったが、政界で重要なポストにつくにつれて、酒癖のリスクを注意されることが増えた。しばしば禁酒・断酒を宣言したが、長続きしなかったという。

 国会議員では、民主党の後藤祐一・衆議院議員も今年6月3日未明、泥酔してタクシー運転手とトラブルに。後藤氏自身は、転倒し頭を打つなどの全治1週間のケガを負った。

学歴の高さ、健康状態の良好さがリスクに

 先日、過剰な飲酒のリスクについてある研究結果が、『BMJ Open』(7月23日オンライン版)に掲載された。高収入な中高齢者、いわゆる「成功者」に過剰な飲酒のリスクが高いというものだ。