NEW
山田修「展望! ビジネス戦略」

話題振りまくコスプレ社長のあの企業に危険信号?ファンドが次々と持ち株売却

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タカラトミー「紅白福々トミカ(紅)」
 7月21日放送のテレビ番組『ガイアの夜明け』(テレビ東京系)を興味深く視聴した。「プロ経営者は会社を変えるか?」というテーマで、大手玩具メーカー、タカラトミー社長兼CEO(最高経営責任者)のハロルド・メイ氏への密着取材がメインのひとつだ。

 私は20代の終わりに3年間、タカラトミーの前身、トミー工業に勤めて海外貿易実務を習得し、国際ビジネスへの興味を抱かせてもらった。OBとして、これまで同社に関してはウォッチャー的に興味を持続させてきた。

 メイ氏はオランダ人であるが、日本育ちでキャリアも日本で積んでいる。外資系企業であるユニリーバ・ジャパンや日本コカ・コーラを経て、14年3月にタカラトミーの顧問に就任し、その翌月にはCOO(最高執行責任者)、同年6月には代表取締役副社長となった。先月6月の株主総会で社長に就任したのは既定路線だったとみられている。

 『本当に使える戦略の立て方 5つのステップ』(山田修/ぱる出版)
 メイ氏をスカウトしてきたのは、社長から会長となった創業3代目社長の富山幹太郞氏だという。富山氏は私が退職後、イギリス遊学先から帰国して32才の若さで社長に就いた。以降30年近くの長きにわたって経営に当たってきたところ、12年に米国子会社が取り扱い商品に関する営業用ファックスを一方的に顧客へ送ったとして、集団訴訟を起こされた(14年に10億円強の和解金支払いで解決)。また、子会社が累計約20億円もの架空取引をしていた事件も発覚。13年3月期は、タカラとトミーが合併して以来初の赤字71億円(当期利益ベース)を計上してしまった。

 一連の事態を受けて、富山氏が「経営職を譲ろう」と決断する至ったことは想像に難くない。

小粒な経営改革


『ガイア』を見る限り、メイ氏は社員とのコミュニケ―ションを重視するタイプの経営者のようだ。社長室のドアを開け放しておいて、アポなしでの社員の来室ミーティングを歓迎している。

 番組内では、『リカちゃん人形』の新プロモーションを若い女性社員が提案してきた時のもようが紹介されていた。提案はすぐに承認され、『大人リカちゃん』を開発デザイナーが張り切ってつくり、池袋ルミネ(東京都豊島区)を全館的に巻き込んでコラボ・プロモーションを展開しはじめたのが6月下旬。すでに大きな反響を得て大成功とされていた。

 私も早速同社のHPでチェックしたら、なんと「商品のお渡しは12月26日予定」となっている。一次販売が半年先で、それ以降は2次予約の受付があったらしいが、私が見たときにはすでに「予約打ち切り」となっていた。メイ氏が「それで、商品の生産計画はどうなっている?」と一言確かめておけば、こんなちぐはぐなことは起こらなかったはずだ。

 昨年10月には組織再編を行い、「幹部の平均年齢が5歳若返った」(メイ氏)というが、ヘッドカウント(社員全体数)には手を付けたのか。本社の管理部門も企画・開発部門へのシフトを考えているという。打とうとしている手が小粒の感は否めず、15年3月期の決算書を見ると人件費はほとんど減っていない。工場や物流の無駄を削っているとも報じられているが、それは当然の施策ともいえる。