NEW
上昌広「絶望の医療 希望の医療」

薬害エイズ事件、事実を歪曲し冤罪を生んだ菅直人の罪 素人集団による医療行政の危うさ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省が所在する中央合同庁舎5号館(「Wikipedia」より/BlackRiver)
 郡司篤晃氏が『安全という幻想 エイズ騒動から学ぶ』(聖学院大学出版会)を出版した。薬害エイズ事件を総括する貴重な文献だ。

 郡司氏は1965年に東京大学医学部を卒業した医師で、東京女子医科大学日本心臓血圧研究所を経て、75年に厚生省(当時)に入省した。82年8月から84年7月まで生物製剤課長を務め、後任の松村明仁氏とともに、薬害エイズ対策をリードした人物である。85年に厚生省を辞し、母校である東大医学部保健管理学教室の教授に就任した。筆者は89年から93年に東大医学部に在籍し、学生時代にご指導いただいた。もっとも筆者は劣等生で、講義にはほとんど出席しなかった。講義や実習での郡司氏の印象はほとんどないが、同級生たちは「誠実な先生」と評していたことを覚えている。

 筆者が郡司氏の名前を知ったのは、薬害エイズ事件だ。この事件で、彼を有名にしたのは「郡司ファイル」である。郡司ファイルとは96年2月、菅直人厚生大臣(当時)が薬害エイズ訴訟原告団に見せた資料である。

 当時、薬害エイズ事件は、東京と大阪の民事裁判が結審し、裁判所から和解案が提示されていた。政府の責任を追及する原告団は座り込みを続けていた。菅氏は彼らを大臣室へと招き入れ、「こんなものが倉庫に隠されていました。83年当時、厚生省内に非加熱製剤が危険だという認識がありました」と非を認めた。
 
 ところが郡司ファイルは、菅氏の主張したようなものではなかった。郡司氏は「新任の技官補佐が自分の勉強のために書いては私に見せたので、(中略)すぐ捨てるのも失礼かと思ってファイルしておいた」と述べている。
 
 この事実は、いまや世間も広く知るところとなっている。元共同通信社会部記者で、フリージャーナリストの魚住昭氏は、「週刊現代」(講談社)の連載で、当時の状況を紹介している。少し長くなるが、全文を引用したい。

厚生省の新庁舎ができたとき、職員たちは『机の上に物を置くな。日常、使わない物は(新設の)倉庫に入れろ』と指示されていた。その倉庫から見つかったファイルの中身は雑多なメモや新聞記事だった。メモは、課内のスタッフが議論のために書いたのを直ちに捨てるのも気が引けるので、郡司篤晃課長がファイルしておいたものだった。つまり『郡司ファイル』は隠されていたのではなく、単なる『ごみファイル』だったのである」
http://uonome.jp/read/983

 このような背景を考慮すれば、郡司ファイル事件は菅氏がつくり出した冤罪であることがわかる。その後、事件関係者がたどった運命は対照的だった。管氏の人気は沸騰し、首相へと上り詰める第一歩となったが、その後の菅氏の行動を見れば、彼がポピュリストであり、薬害エイズ事件を自らの人気取りに用いたことは明らかだ。郡司氏や周囲の官僚は菅氏に状況を説明しただろうから、菅氏は郡司ファイルの性質について知っていただろう。菅氏は「悪意があったのではないか」と批判を受けても仕方がない。