NEW
外川淳「日本史の真相」

関ヶ原の戦い、有名なあのシーンはデタラメだった?徳川家康の通説のウソ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松尾山の小早川秀秋陣所古址
 戦国の乱世を終幕に導き、天下泰平の時代を築いた徳川家康は1616年に病没した。

 ということは、来年の2016年は没後400年に当たるわけだが、「徳川家康公顕彰四百年記念事業」は、今年すでに開始されている。これは、仏教の世界では没後12年目に13回忌が行われるように、今年が家康の400回忌に当たるからだ。

 8月7日からは、福岡県の福岡市博物館で「徳川家康没後400年記念『大関ヶ原展』」が開催されている。ややフライングの様相をみせながら、家康没後400年関連のさまざまなイベントが展開されているのだ。

 一般的な没後400年目に当たる16年には、NHK大河ドラマ『真田丸』が放送され、主人公・真田一族のライバルとして家康が登場する。来年は来年で、さらに多くの関連イベントが開催されそうだ。

 今から15年前の00年には、1600年の関ヶ原の戦いから400年目ということで、NKK大河ドラマで『葵 徳川三代』が放送された。

 同作では、家康について時系列で追うのではなく、初回で家康の人生のクライマックスともいえる関ヶ原の戦いが描かれた。そのシーンは、大河ドラマ史上でも特筆すべきスケールを誇った。

 家康は、小早川秀秋に東軍での参戦を促すため、陣取る松尾山に向けて銃を発射した。そして、秀秋はその恐怖心から寝返りを決意したとされる。

 このエピソードは、過去の大河ドラマでは合戦の流れを決定づけるシーンとして描かれてきた。しかし、秀秋が陣取っていた松尾山の頂上付近は、当時の火縄銃の射程圏外にあった。そのため、家康が射撃しても、実はまったく脅威にならなかったのだ。

 通説は、「合戦の流れは、家康が完全に握っている」という大前提で形成されている。そのため、現代の狙撃銃でさえも有効射程圏外の松尾山に火縄銃を撃って秀秋を翻意させるという、非常識なストーリーがいまだに語られているのだ。

 徳川隊による松尾山への射撃は威嚇行為ではなく、参戦を促すための合図ののろしと見なすべきだろう。

 それでも、小説やドラマでは威嚇射撃がないとストーリーを進行できないようで、中には「徳川隊は大砲を射撃した」という新説まで登場している。仮に大砲だったとしても、当時の大砲は砲弾が破裂するものではなかった。さらに、命中の精度が低かったことから、松尾山の秀秋に精神的動揺を与える確率はゼロに等しかったのだ。