NEW
熊谷充晃「歴史の大誤解」

戦国時代は「兄弟仲がいい」と一族滅亡の危機?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毛利隆元像(「Wikipedia」より/白拍子花子)
「兄弟仲がいい」と聞いて、多くの人は「いいことだ」と思うはずだ。しかし、戦国時代に登場する大名家を見ると、兄弟仲がいいばかりに一族が滅亡、もしくは勢力が大幅に低下するというケースがある。一枚岩で団結してきたことが、ある意味で裏目に出てしまうわけだ。

 最初にご登場いただくのは、九州きっての名門で鎌倉時代以来の血統を誇る薩摩(現在の鹿児島県西部)の島津家だ。江戸時代に入ってからも「島津に暗君(愚かな君主)なし」とうたわれたほど“出来のいい”家柄で、戦国時代も薩摩から勇躍北上、九州制覇の一歩手前まで成し遂げた。

 その戦国時代末期、当主の島津義久を支える3人の弟がいた。関ヶ原の戦いでは「敵中突破」を果たした豪傑の島津義弘。長兄の意向をよく汲んで、多大な功績を残した島津歳久。彼らの異母弟で年齢も離れていたが、勇猛果敢な性格で知られた島津家久だ。

 彼らは祖父である島津忠良の遺訓をしっかり守り、兄弟で役割分担をしながら家運を高めていたが、そこに立ちはだかったのが豊臣秀吉だ。

 九州を席巻していた島津兄弟は、一致団結して秀吉との対決を決断するが、経済力をバックにした秀吉の大軍勢にかなわず、ジリ貧状態となってしまう。義久は剃髪して恭順することを決意し、徹底抗戦を主張する家久は戦場の露と消える。「アンチ秀吉」の気配が濃厚と思われた歳久も、切腹に追い込まれた。

 島津家は家名の存続こそ許されたが、兄弟が力を合わせて勝ち取ってきた領土を没収されることになってしまう。

小田原の北条家、毛利3兄弟も


 次に、関東の4兄弟だ。小田原の北条家は、4代目当主の北条氏政を3人の弟がサポートしている体制だった。甲斐・信濃方面からの防衛を担当する武闘派で外交も切り盛りした八王子城主の北条氏照。越後・信濃と国境を接する北関東の要衝・上野国を担当する北条氏邦。特に外交面で才能を発揮し、やがて早世した甥の北条氏直(氏政の息子)の後に家督を相続する、伊豆方面を担当していた北条氏規である。

 この家系は北条早雲以来代々、内政に卓越した手腕を見せる当主に恵まれたという特徴がある。氏政の代には、兄弟の連携のよさで軍事面でも周辺を圧倒していた。北条家の歴史上、最大版図を有するようになっていた彼らの前に立ちはだかったのは、またしても秀吉だ。