NEW

缶詰でも食中毒!? ツナ缶で舌がピリピリしたら要注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

tuna.jpg

魚肉に多く含まれるアミノ酸がヒスタミンを生成 MON/PIXTA(ピクスタ)

 マグロの刺身を食べたらなんだか舌がピリピリする......。そんな経験をしたことはないだろうか? 普段、何気なく食べているマグロやサバ、カツオ、サンマ、イワシなどの赤身魚と青身魚は、ちょっとした温度管理ミスで食中毒のような症状が起きることがある。さすがに生魚を長時間、常温で放っておく人は少ないだろうが、実は缶詰でもそのリスクがある。

 あの「はごろもフーズ」が2013年10月、製造・販売するシーチキン缶にアレルギー物質が発生したとして、3種・計672万個を自主回収した過去がある。食べた消費者が、口の中の痒みや違和感を訴えたという。