NEW

『ミニオンズ』興収40億円突破も視野に ロングヒットの背景と戦略を宣伝担当者に聞く

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

20150813-mini-yahoo.jpg

 『ミニオンズ』が大ヒット中だ。7月31日に公開開始し、12日時点で興行収入は約23億。シリーズ1作目『怪盗グルーの月泥棒 3D』の興行収入が12億、前作『怪盗グルーのミニオン危機一発』が25億と「倍増」しており、今作もこのままいけば40億は突破すると思われる。同シリーズは、なぜ右肩上がりで人気を高められたのか? 『ミニオンズ』ヒットの背景にはどんな戦略があるのか、同作を輸入配給する東宝東和の宣伝部パブリシティ室長・松尾亘氏に聞いた。

 まず気になるのは客層だ。松尾氏によると、ハリウッドアニメはディズニー/ピクサー以外は大人が来ないと言われており、観客の多くが4~11歳の子どもと親というファミリー層。『怪盗グルーの月泥棒 3D』公開にあたっても、「大人も楽しめる映画ではないか」という予感があったものの、まずはファミリー層を狙ったそうだ。また、映画に登場するキャラのなかでも個性が際立っていたミニオンに着目、プロモーションなどで打ち出した結果、12億という高い数字を叩きだした。

続きはこちら