NEW

著書とインタビューから徹底分析!テレビからはわからない“マツコ・デラックス”の正体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「月刊サイゾー」の記事を無料で立ち読み!

――マツコ・デラックスが、一体どんな道のりを経て今のポジションにいたったのか、テレビを見ているだけではあまりわからない。女装家・コラムニストとして世にデビューした直後から現在までのインタビューや執筆原稿から、彼女の人物像を分析し、今後の展開を予想する。

1509_chronology_01.jpg

 ある人は「新世代のバラエティスター」と呼び、ある人は「毒舌オカマ」と呼ぶ。「再び芸能人批評をやってほしい」と願う人あれば、「テレビに魂を売った」と言う人あり――。

 マツコ・デラックス。42歳、千葉県生まれ。数年前のプロフィールによれば、B180・W180・H180の体重140キロの巨漢、そして女装家である。現在、テレビのレギュラー番組は9本、雑誌連載は2本、CMは9本。押しも押されもしない、人気タレントだ。

 しかし、彼女がどのような道のりを経て現在のポジションにたどりついたのかは、テレビだけではあまりわからない。本人の口から断片的に語られることはあるが、毎回すべて観ている人でもない限り、それをつなぎあわせるのは至難の業だ。そこで今回、マツコ・デラックスを解体する本特集冒頭の本稿では、これまでのインタビューや著書など、紙媒体における発言をくまなく見ていくことで、その経歴と内面を探ってみようと思う。

 詳細な年表は下部に置いたものを参照してほしいが、彼女が自身のセクシャリティに気づいたのは、小学生の時だと語られている。母親の口紅をこっそり塗ったり、学芸会で女装してワンマンショーを披露したりする中で、当時は「女性歌手になりたい」と思っていたという。だがむろんなれるわけもなく、そうした存在に憧れながら、高校3年生で初めての完全女装を経験した。

 彼女がメディアに関する仕事についたのは22歳の時だ。エロだけでなくカルチャーや社会的側面にも重きを置いたゲイ雑誌「Badi」(テラ出版)の編集者として働き出したのがきっかけになっている。ここで本名と男の姿を脱ぎ捨てて、マツコ・デラックスとしての自分を形成し始めた。最初は1年間も続かずに退社したが、ブランクを経て再び編集部に舞い戻る。「Badi」を黄金期の「週刊プレイボーイ」(集英社)のようにしたいという理想のもと、しゃかりきに働く日々が続いた。だが29歳の頃、自身の仕事に行き詰まりを感じ始め、同時に職場の人間関係に疲弊し、編集部を去る。ひとり暮らし先で半年引きこもった後、千葉の実家に出戻り。3年間、実家暮らしを続けた。だがこの期間に、現在に至るきっかけが生まれている。それが、作家・中村うさぎとの出会いだ。

 中村うさぎといえば、買い物依存にホスト通い、整形にデリヘル体験と、自身の欲望をグロテスクなまでに見つめて実行し、そのさまをつづる女性作家だ。その彼女が、ゲイである夫が読んでいた「Badi」で「面白い文章を書く人がいる」と目に留めて、新宿二丁目でマツコと邂逅。数日後、自身の対談本に出演してくれるようにオファーを出す。そこから“マツコ・デラックス”としてのメディアでの活動はスタートした。その後「週刊女性」に、芸能人批評を行うコメンテーターとして露出を重ねるようになり、コラムニストとしての風格が備わってゆく。

 この時期、彼女の人生に再び転機が訪れる。実家を追い出されたのだ。

続きはこちら