NEW
熊谷充晃「歴史の大誤解」

東海道線が誕生したのは、政府の資金難が原因だった!幻の「中山道本線」計画とは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開業当時の新橋駅(「Wikipedia」より/Ikkei)
 日本初の鉄道が開通した営業路線は、1872年9月の「新橋~横浜(現在の桜木町、以下同)」として知られている(厳密には、その前に「品川~横浜」で仮営業がスタートしている)。同時期に「神戸~大阪~京都」も鉄道敷設が進められていて、当時の政府は、最終的に東西を結ぶ大動脈となる鉄道路線の建設を考えていた。

 そして、早くから候補に挙がっていたのは、群馬県から長野県に入り、さらに京都府から大阪府に進んでいくルートだった。江戸時代に五街道のひとつとして知られた中山道を利用するものだ。これには、ある要因が大きく影響している。

 後に国内最大の私鉄会社に成長する日本鉄道が最初のルートとして開業したのは、83年の「上野~熊谷」で、翌年には早くも前橋まで延伸されている。

 さらに、85年には「品川~赤羽」を結ぶ路線が開通している。これは、現在のJR埼京線の起源といわれるものだ。この動きには国策が大いに反映されていて、政府の絶大なバックアップを受けている同社は、やがて「東西を結ぶ幹線」の一部を成すと目されるルートを敷設していたのだ。

 また、開国間もない当時の日本経済を支えていた主要輸出品目に「生糸(絹織物の原料)」がある。当時の輸出手段は船便しかなく、生糸は横浜港まで運ばなければならない。当時、最速かつ大量輸送が可能な交通手段は、産声を上げて間もない鉄道だけだった。

 全国有数の生糸の生産地は、現在の群馬県だ。2014年に世界文化遺産に登録された富岡製糸場は、その一大拠点だった。現在のJR高崎線は、東西を結ぶだけではなく、国力増強のためにも必要とされた路線だったのだ。そして、輸送力をアップするため、前述の「品川~赤羽」路線が早くに建設されている。

 こうして見ると、「国家事業として特定地域の路線が必要なら、私鉄ではなく国鉄として敷設すればいいではないか」と考えてしまうが、当時の政府は近代化に向けた課題が山積しており、慢性的な財源不足に悩んでいた。

 そこで、政府の意向を民間の資金力で実現させるため、国策会社ともいえる企業を続々と誕生させていたのだ。そのひとつが、日本鉄道である。この会社は、やがて赤字覚悟で「上野~青森」の全通を果たすが、それも国策にかなうからというのが理由であった。