NEW

武井壮、綾小路翔の靱帯損傷の危機を救う 捻挫の回復を早める的確な処置とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

takei.jpg

多面な活躍を見せる武井壮さん(オフィシャルサイトより)

 8月16日、仏・リオンで行われた「世界マスターズ陸上競技選手権大会」で、40~44歳が出場する「M40クラス」の400mリレーで、タレントの武井壮さんが金メダルを獲得した。武井さんは、日本代表チームのアンカーとして出場。世界記録には及ばなかったが、42秒70という日本記録を更新する好タイムで金メダルを獲得した。

 武井さんは陸上・十種競技の元日本チャンピオン。武井さんは2年間、仕事の合間に毎日1時間全力を尽くしてトレーニング。その努力の結果が、世界の舞台での金メダル獲得だった。

 地上最強の"百獣の王"をめざしてトレーニングを続けているという武井さん、一方で、ロックバンド氣志團の綾小路翔さんを"救う"というナイスな一面を先日見せた。

 武井さんの適切な指示による応急処置で、綾小路さんが靱帯損傷の危機を免れたというものだ。今年1月に右足の骨折および靱帯損傷のケガを負った綾小路さんは、8月14日に受けた検査で骨折が完治したことを報告するとともに、先日も再び階段で足首をひねっていたことを明かした。