NEW

なぜ女の話は長い上にオチがないのか……人類最大の謎は、タランティーノが『レザボア・ドックス』で解決していた!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【「月刊サイゾー」をタダで立ち読み!「サイゾーpremium」より】

――サブカルを中心に社会問題までを幅広く分析するライター・稲田豊史が、映画、小説、マンガ、アニメなどフィクションをテキストに、超絶難解な乙女心を分析。

reservoirdogs.jpg
『レザボア・ドッグス (DVD)』

今回は、強盗を企てた男たちが、身内の中にいるであろう犯人探しをする映画『レザボア・ドックス』を始め、クエンティン・タランティーノの作品をピックアップ! ※本文中にはネタバレがあります。

 実家帰省ラッシュのお盆は、若い夫婦にとって「嫁ハラスメント」「婿ハラスメント」の季節だ。夫の母親からの「猫飼うより子ども作るほうが先でしょ。順番が違うんじゃない?」攻撃、妻の父親からの「僕がキミくらいの歳の頃、同期で部長になってない奴は窓際扱いだったな」攻撃など、毎年、深刻な被害報告が後を絶たない。

 そんな中、地味に体力を削られるのが、実母からの「オチのない長話」攻撃である。桃が安かったので買ったら傷んでいた。町内会の草取りに来ない共働き夫婦に腹が立つ。妹の娘が今年大学受験だ。こないだ『あさイチ』(NHK)に出ていた市原悦子さんが素敵だった……ベラベラベラ。こんなのを帰省中、朝昼晩の毎食後にたっぷり30分は聞かされ、500回くらい相槌を打たされる。

 ……という話を友人にしたところ、母親よりも最近は妻のほうがキツい、と愚痴られた。職場の女上司がムカつく。結婚式の二次会に着ていく服がない。ママ友に「3歳にしては言葉遅れてるんじゃない?」と言われた。又吉直樹の『火花』(文藝春秋)が読みたいけど図書館で予約500人待ちだ。マツコが絶賛してた「ずんだシェイク」が飲みたい……ベラベラベラベラ。あんまり話が長いのでスマホを触りながら生返事を繰り返していたところ、軽くキレられたそうな。

 なぜ男は、「女の話は長くてオチがない」と感じるのか。それは、「男はゴールに向かってしゃべるが、女はしゃべるためにしゃべる」からだ。男性諸氏ならば覚えがあろう。女からの悩み相談に男がどんなに頭をひねって解決法(ゴール)を提案しても、女は納得しないということを。女の目的は悩みの解決ではなく、境遇への共感なのだ。

「オチのない長話」。それで浮かぶのが、クエンティン・タランティーノ監督・脚本作だ。タランティーノは1992年に『レザボア・ドッグス』で注目され、94年の『パルプ・フィクション』でカンヌ国際映画祭のパルム・ドールを受賞。一躍90年代映画界の寵児となった。

『レザボア・ドッグス』冒頭では、ダイナーに集まったチンピラたちが、マドンナの「ライク・ア・ヴァージン」の歌詞分析、東洋人の名前の話、ウェイトレスにチップを払うかどうか問題などを脈絡なく話す。どれにもたいしたオチはついていない。というか、オチがささやかなわりに話が長い。

「サイゾーpremium」で続きを読む