NEW

カネ、親バレ、そして夢……AV女優の自伝の中身を"名優"しみけんが読み解く!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【「月刊サイゾー」をタダで立ち読み!「サイゾーpremium」より】

――芸能人による暴露本というものは昔からあるが、昨今ではAV女優も自叙伝を上梓し、自身の半生をたどるとともに、ある種のタブーでもあるAV業界の裏側に触れることも少なくない。

 今回は、紗倉まな、原紗央莉、穂花、麻美ゆま、森下くるみという、現役・元AV女優5人の自叙伝を、先頃著書『AV男優しみけん 光輝くクズでありたい』(扶桑社)を発売した人気男優・しみけんに一読してもらいレビューしてもらった。女優同様、AV業界に身を置いてキャリアは17年、主戦場を共にする同業者であると同時に共演者でもある“AV男優”という視点から見た、彼女たちの姿とは? しみけん曰く「きっと読者のみなさんも気になるはず!」と言い放った〈AV女優になった理由/親へのカミングアウト〉も彼女たちの著書から抜粋した。

shimiken_450.jpg

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

1508_mana.jpg
『高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職』

■紗倉まな
『高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職』
宝島社(2015年)/1,300円

あらすじ:18歳の現役高専生時代に自らAV業界に飛び込み、いまやトップ女優である紗倉まな。彼女が考えるAV女優としての心得や業界裏話、そして自身の恋愛観にも触れ、等身大の紗倉まなが感じられる一冊。

AV女優になった理由:「自分の裸に自信を持ったことはありませんでしたが、何も隠さずに表現することで、自分の心の殻を破ることもできるんじゃないかなと思ったんです」

親へのカミングアウト:「当時は高専の女子寮に住んでいてなかなか実家に帰ってこない娘を『久しぶり~!』と温かく迎えてくれた母。『あ、お母さん、実はね』と唐突にAV女優になることを話し出す娘。『!?!?!?』と言葉にならない反応を返してくる母。……とほほ、本当にごめんなさいという言葉以外見当たりませんでした」

しみけん評価:「まなちゃんは文章のスタイルが独特。自分で書いた文章の後に、(白目)とか自分でツッコミを入れていて面白いんですよね。

彼女が高等専門学校に入学を決めたときのエピソードに、「『コンクリートを作ったり壊したりする!』というところに魅力を感じていました」という一文があるんですけど、そういう感覚を持ってる人ってあんまりいないと思うし、コンクリートを作ることから彼女の人生が開けて、今や押しも押されもせぬトップAV女優――というのもすごい人生だと思う。

「『自分がいいな』と思っている写真は周りの人には『イマイチ』と言われ、自分では『あまりよくない』と思った写真が満場一致で『可愛い』と言われた」「まさに、主観と客観との差ですよね」という文からしても、彼女からはクリエイティブ魂を感じます。また、AV女優の中には親バレ・身バレについて悩む人も多いですが、まなちゃんは母親にAV女優になることを打ち明けて、母親が当時高専生だった彼女の学校にAV出演がバレるのではと心配したときに「学校にバレるくらい有名になれたらいいなと思っているから。バレたらバレたで、その時に考えます」と伝えたと綴っていて、覚悟も決まってたんだなと感心しました。

「サイゾーpremium」で続きを読む