NEW

さんまからマツコへ…『中居正広という生き方』著者・太田省一が見るテレビとコミュニケーションの変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【「月刊サイゾー」立ち読みサイト「サイゾーpremium」より】

――テレビというメディアの変革期に伸びてきたマツコは、トリックスターなのか、時代の申し子なのか? 社会学的視座から考える。

oota1508s.jpg
『社会は笑う・増補版: ボケとツッコミの人間関係』(青弓社ライブラリー)

 マツコさんがテレビバラエティに引っ張りだこの理由として、2つの特徴を持っていることが挙げられると思います。

 まずひとつは、彼女がテレビに対して批評家的な目を持っていることです。かつてのテレビの制作現場は、「お茶の間で、1台のテレビを囲んで観ている」という視聴者像が想定できていた。しかし80年代頃から徐々に、想定する視聴者像を変えていかなければいけない、となってきた。

 それでもそこから20年余り変えられずにきたものが、いよいよ視聴率も下がってきて、どんなものなら観てもらえるのか、作る側が真剣に考え始めている。マツコさんは、視聴者代表としてそれを教えてくれるんですね。最初の冠番組『マツコの部屋』(フジテレビ)がわかりやすいですが、スタッフが作ってきたVTRに対して本気で怒るという、テレビに文句をつける芸をやっていた。今テレビを観ている人が求めているものは何か、作り手側にわからせているわけです。

「サイゾーpremium」で続きを読む