NEW

峯田和伸、田口トモロヲ監督への愛を語る「どうやったら喜ぶか、全部わかりますから」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 映画『ピース オブ ケイク』の公開記念記者会トークイベントが、8月25日に東京・阿佐ヶ谷ロフトAで行なわれた。出演する光宗薫(成田あかり役)と峯田和伸(千葉役)、田口トモロヲ監督の三人が登壇し、撮影の裏話を披露した。

 試写の終了後、ステージに現れた田口監督は「みなさんは最後まで観ていただいて犯人が誰かわかったと思います」と、冗談を言って場を和ませた後、「こうやって撮影で使った阿佐ヶ谷ロフトAに帰ってこれて幸せです」と心境を伝えた。また、光宗が「劇中では峯田さんと会うことはなかったので、今日で三度目ですね。私、Wikipediaに書いてあるくらい、峯田さんのファンだったんですよ。初めて合ったのが台本の本読みのときで、そのとき『あ、峯田さんだ!』って思ったんですよね。本読みのときに歌ってくれたのが本当に嬉しくて……」と伝えると、峯田は「ぼくはそんな話を聞くと身体が震えてしまって」と返し、田口監督は「これを機会に付き合ってほしいですね」と続けた。

続きはこちら