NEW
「ココロに効く(かもしれない)本読みガイド」山本一郎・中川淳一郎・漆原直行

ファミコン、キンケシ、85年の阪神優勝で盛り上がれる人たちが必ず甘美に浸れる本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い』(西寺郷太/NHK出版)
【今回取り上げる書籍】

ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い』(西寺郷太/NHK出版)

 本稿ではあえてカタカナとアルファベットが混在したままになっているが、これは私自身の思い入れの違いだと思っていただきたい。カタカナで覚えているか、アルファベットで覚えているか、という違いである。

 いやはや、知識が増えた、としみじみ実感する本であった。1985年、スター歌手が、アフリカの飢饉を救うべく立ち上がり奇跡のレコーディングの結果誕生したUSA・フォー・アフリカによる『ウィ・アー・ザ・ワールド』。マイケル・ジャクソンが一番目立つパートをのっけから歌い、スティーヴィー・ワンダー、シンディ・ローパー、ブルース・スプリングスティーンらキラ星の如き才能が集い、メガヒットとなりアフリカが救われた――。この話は当時12歳だった私も知っていた。

 本書は、この曲が生まれる前のBEE GEESの大ブレイクを含めた「ポップス」の歴史を振り返るとともに、いかにしてマイケル・ジャクソンがスターにのし上がり、そして『ウィ・アー・ザ・ワールド』が生まれたかが描かれる。同曲のレコーディングの様子も、音楽プロデューサーとしての顔を持つ著者ならではの細部にわたる「プロの目」により描写され、この夜がいかに特別なものだったかがわかるだろう。

 しかし、そこに著者はとある闇を発見する。その闇が一体なんなのかは本書を読んで確認いただきたいところだが、その後「ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い」があることに気づき、事細かに指摘するのである。

回り道をさせてしまう本


 本書は、ネット用語で言うところの「おっさんホイホイ」(中年の郷愁を誘うもの)的な側面も持っている。随所に1980年代の米英のヒット曲の名前が登場し、名曲リスト集としても使え、さっさとこの書評を書かなくてはいけないというのに、YouTubeでそれらの歌を視聴してしまうのである。

 例えば、1979年、全米最大のヒット曲がザ・ナックの『マイ・シャローナ』という歌だったという記述があった。これに対して「それって何だっけ?」と私は思う。洋楽の中には「誰もが一度は聞いたことがあるものの、タイトルがわからない」という曲は多いだろう。そこでYouTubeで「マイ・シャローナ」と入れたら4人組のビートルズ風男が出てきた。最初の軽快なギター音を聞いてすぐに「あァ、あれか」とわかり、「確かにヒットしたよな」と思う。