NEW

異色のネット動画が大人気!ギャル2人がエロ質問に回答&大はしゃぎ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「東京バズカマー ~大目にみてやってください~」(無料動画サイト「YouTube」より)

“みぽち”と“なさ”という2人の悪羅ギャル(オラギャル)が、Q&Aサイト「Yahoo!知恵袋」に掲載されている、ちょっとエッチな質問をネタに、盛り上がりを見せている。

 これは実は、YouTubeチャンネル「東京バズカマー ~大目にみてやってください~」のコーナーのひとつ「オラギャル知恵袋」の一幕だ。このほかにも、渋谷No.1パーティーロッカーを名乗る“あっくん”をはじめとしたギャルやギャル男が、エロやネタ感満載の企画を繰り広げている。

 10秒動画コミュニティ「MixChannel(ミックスチャンネル)」は、アプリが300万ダウンロードを達成し、月間動画再生数は5億4000万を記録するなど、インターネットの世界には独特の映像文化がつくられている。

 カップルでキスをするもの、ダンスを踊っているもの、お笑い芸人のネタをコピーして演じるもの……中高生たちにはそんな動画がウケているようだが、筆者をはじめ30代以上のおじさんは「その面白みが、いまいちわからない」というのが本音だろう。

 しかし、そんなちょっといびつにさえ見える、若年層のネット動画に対する嗜好をつかみ、冒頭のような内容を展開しているのが「東京バズカマー」である。同チャンネルのディレクターを務める渡辺資氏は、以下のように語る。

「かつては、素人でもテレビのバラエティ番組への出演から、俳優やタレントになる人が数多くいました。しかし、今は規制が厳しく、本当に面白い若者たちを出演させることが難しい状況です。そして、それならネットでやってしまえばいい、というのが『東京バズカマー』の考え方です。あっくんのような面白い若者は『東京バズカマー』の舞台である渋谷にもたくさんいるし、地方にも数多くいます。面白い素人を取り上げて育てていく方法は、テレビでも1971年から始まった『スター誕生!』(日本テレビ系)の時代からありました。『東京バズカマー』も、いずれは若者たちが『あそこに出れば、自分もスターになれるかもしれない』という期待を持てる番組にしたいと考えています」

テレビからネット動画にシフトする若者たち


 渡辺氏は、フリーランスのテレビディレクターとして、さまざまなテレビ番組を手がけている。そんな彼が、テレビとは違う舞台としてネット動画を選択し、「素人いじり」という確立された手法で参入してきた。しかし、売れっ子ディレクターである渡辺氏が、わざわざネット動画に場を移さなければならないほど、テレビは自由が効かなくなっているのだろうか。