NEW

選書は“クズ本”ばかり…!? 利用者のニーズを無視した「TSUTAYA図書館」の実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイト トカナより】

0825tosyokan.jpg
画像は「武雄市図書館HP」より

 佐賀県武雄市の図書館で購入された図書資料の内容が議論を呼んでいる。武雄市図書館は、2013年から、全国初の事例としてTSUTAYAを運営するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)を指定管理者とする運営が始まっている。

 図書館には、スターバックスコーヒーとTSUTAYA店舗が併設されている。コーヒーを片手に、TSUTAYAと図書館の雑誌や書籍が自由に読める。朝の9時から夜の9時まで年中無休の365日開館も話題となった。貸出にはTポイントカードも使用可能であり、図書館利用の場合、自動貸出機1回を使用するごとに3ポイントが付与される。

 次世代の図書館として注目を集める一方で、政策がスタートした2013年度に購入された約1万冊の図書資料が“クズ本”すぎると問題視されている。

続きは【トカナ】で読む