NEW

しゃべるテディベアに果たして“人権”はあるのか? 『テッド2』劇場公開レビュー

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 可愛らしい姿とは裏腹に中身は中年男性、しかも大好きなのは下ネタとビール、そしてマリファナという“世界一ダメなテディベア”として、ここ日本でも爆発的な人気を獲得。興行収入40億円を超える大ヒットを記録した映画『テッド』。その続編にあたる『テッド2』が28日の金曜日、いよいよ日本でもロードショー公開された。同日の夜には、“大人になるまで待てない!”ヴァージョンとして、子どもでも楽しめるよう再編集された「PG-12」の特別版(オリジナル版は「R15+」)が地上波で初オンエアされるなど、にわかに“テッド祭り”の様相を呈していた28日の夕刻、早速『テッド2』を観に、渋谷の劇場まで足を運んでみた。

続きはこちら