NEW

『テッド』人気健在でトップ4を洋画が独占! これは「夏の珍事」か「時代の変化」か?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンド映画部より】

「アメリカのコメディは当たらない」という定説、さらに下ネタ、マリファナネタ、映画オタクネタ満載のR15指定作品といった数々のハードルを吹き飛ばして、前作『テッド』は興収42.3億円を記録。2012年度の外国映画最大のサプライズヒットと呼べる作品となったわけだが、その続編の『テッド2』が、公開以来3週連続1位を爆走していた『ジュラシック・ワールド』を射止めた。オープニング土日2日間で動員30万7960人、興収4億4190万2000円という数字は、前作と比べて動員比134.1%、興収比135.5%という文句なしの成績だ。

 実は今回の『テッド2』、本国アメリカでは続編としての評価は決して高くなく、結局前作ほどのヒットには至らず。監督のセス・マクファーレン的には昨年大コケしてしまった『荒野はつらいよ 〜アリゾナより愛をこめて〜』の損失補填をどうにかできたか、といった程度の興行成績にとどまっていた。しかし、日本では昔からヒット作の続編(特に監督やキャストがちゃんと続投している作品)が滅法強い。それは、批評の影響力が低く(そもそも批評自体がほとんど機能してない)、タイトルのブランド力がものを言うという日本の土壌によるものだが、今回もそのことを証明したかたちだ。

続きはこちら