NEW

白紙撤回会見の五輪組織委・武藤事務総長の“無責任”は昔から! あの大蔵接待汚職事件でも…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

mutoutoshirou_150902.jpg
会見では、武藤敏郎事務総長の無責任ぶりと危機管理能力のなさが露呈(YouTube「ANNnewsCH」より)


 すったもんだの大騒動を繰り広げた五輪エンブレム問題だが、遂に9月1日、大会組織委員会が会見を開き、エンブレムの使用中止を表明した。

 しかし、その内容は国民の不信感と怒りを増幅するものでしかなかった。「デザイン界の理解では模倣ではないが、一般国民には受け入れられない」などという意味不明な説明に加えて、佐野研二郎氏の「私や家族に誹謗中傷が続いている」といったまるで被害者のような言い分、責任の所在を一切明らかにせずにひたすらごまかそうとする姿勢……。

 とくに、火に油を注いだのが、会見で説明を行った武藤敏郎事務総長の当事者意識のない姿勢だ。「審査委員の先生方が」「我々はデザインの専門知識をもっているわけではないので」などと逃げをうちながら、「土日で局面が変わった」などと、まるで他人事のように解説したのだ。