NEW

運動なしで脂肪燃焼できる「遺伝子スイッチ」で肥満が解消!?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

new_himan.jpg
楽して痩せる最終兵器が登場!?shutterstock.com

 肥満の原因を、遺伝子レベルで解明しようとする研究が世界中で行われている。このほど「New England Journal of Medicine」オンライン版に8月19日に掲載された研究によると、代謝を加速し、過剰な脂肪を熱エネルギーとして燃焼するのを促進する「遺伝子スイッチ」が脂肪細胞中で発見されたという。このスイッチを切り替えると、マウスの体重が半減し、ヒト脂肪細胞でも同様の作用が認められたという。

 つまり、睡眠中やリラックスしながらでも脂肪を燃焼して減量できる可能性が、遺伝子レベルの新しい研究で示唆されたことになる。

 責任著者である米マサチューセッツ工科大学(MIT)コンピューターサイエンス・コンピューター生物学教授のManolisKellis氏によると、「食べる量や運動量が同じでも、スイッチを切り替えたマウスは日夜、熱のかたちでエネルギーを燃焼した。代謝が、"エネルギー貯蔵"から"エネルギー放出"へと切り替わったことが示された」と述べている。